2018年冬アニメ感想記事

いやー今期は今まででもトップクラスに豊作でしたね。

 

 一応ネタバレには最低限の配慮をして抽象的な表現を使うことが多くなっていますが、それでも人によってはちょっとしたネタバレがあるかもしれないので気になる人は注意してください。

  

ランク分けの基準は以下の通りです。

EX:例外、理由はその都度説明します。

A:特に面白く、具体的に他の人にオススメできるポイントがあるもの

B:2期があれば是非視聴したいもの

C:面白さはBに近いが、ちょっと粗があったり物足りない部分もあるもの

D:あんまり面白くなかったもの

S:他と比較することが意味を成さないもの  

 

EX「りゅうおうのおしごと」

f:id:ryuoosbame:20180403144834j:plain

この作品がEXなのは、途中で原作が気になって読み始めたためアニメ単体での評価が難しくなったからですね。ただアニメ放映中でも「原作を読みたい!!」と思い立ち、実際に全巻読破してしまうほど引き込まれたのでかなりいい作品だったと思います。

ストーリーは、最年少で将棋の最高位をである竜王の座を獲得した主人公とその竜王に憧れて弟子入りした女の子の物語。キャラクターの可愛さやコメディ要素もさることながら、対戦競技らしく将棋の熱い戦いや将棋の世界のシリアスなお話も良くできていてバランスのいい作品でした。

個人的に将棋はなんとなく固いイメージがあったのですが、序盤はキャラクターの良さで魅せてきて固いイメージが剥がれ、かなり取っつきやすくして一気に引き込んまれたのが良かったと思います。アニメの中盤ぐらいのエピソードが結構いい話だったのですが、若干何かちぐはぐしたものを感じ気になって原作を読みました。アニメは尺の都合が結構厳しく、大筋のエピソードだけを消化していってる感じでしたが、原作は省かれた話の面白さにに加え、その省かれた話が大筋のエピソードをさらに引き立たせるような役割を果たしていたので凄く面白かったです。特に桂香さん関連のお話は将棋の世界の厳しさと同時にそこで奮闘する人の熱さが描かれていたのが印象的でした。

アニメはアニメならではの見せ方やキャラの可愛さを活かした取っつきやすさなどの武器があったので全体的には良い作品だったと思います。ただやっぱり仕方ないとはいえ後半は省くと上手く繋がらないように見える部分が多くなっていた印象なので、個人的にはアニメを見て興味を持てば原作を購入し、りゅうおうのおしごとの作品の良さを楽しんでほしいですね。

 

Aからかい上手の高木さん

f:id:ryuoosbame:20180403145845j:plain

 

 高木さん可愛すぎて心臓破裂するかと思った

 

Aスロウスタート

f:id:ryuoosbame:20180403150234j:plain

安定のキララ日常枠。安定といっても個人的にですが、日常系アニメが「ふらいんぐうぃっち」あたりを最後にここ2年近くちょっとふがいなかったかなぁと感じていたので、スロウスタートは久々に自分の求めていたクオリティの安心して見れる日常枠でした。

ストーリーは、訳あって中学浪人を経て同級生より年上の状態で高校に入学した主人公とその周りの人間のお話になります。年上なことをコンプレックスに感じ、浪人したことを隠して日々を過ごすことになるのでキララ系にしてはちょっと重たい設定になっています。しかし周りのキャラクターの温かさや明るさが見ていて心地よく、そのおかげで主人公も段々と前向きになっていくのが伝わってきたので、そのあたりの全体的な雰囲気がとても好きな作品です。

ちょっとだけ影のある設定があった方が逆により日常の良さを引き立たせるのは中々に面白いですね。自分の考える日常系アニメの基本構成要素である、日常感、コメディ要素、キャラの可愛さ、の三つがどれもバランスよくレベルが高かったので、王道の日常系として是非オススメです。

あと余談ですが個人的に栄依子と先生の絡みがレベル高過ぎましたね。栄依子が先生のほっぺあたりにアイスがついていたのを指ですくい舐めてドキッとさせようとしたところを逆に指を咥えられて百合のカウンターをくらっていたのはなんかもう笑うしかありませんでした。

 

A三ツ星カラーズ

f:id:ryuoosbame:20180403150132j:plain

カラーズという三人組の秘密組織(自称)が町の人達と交流しながら上野の平和を守るために(この子らの方が平和を乱している)活動するギャグコメディ系の日常枠

子供ならではの勢いのある行動や純粋で残酷な発言で中々キレのあるボケを量産していたなぁという印象でした。見ていて思ったのが、この子らがはちゃめちゃにやらかして周りを振り回すのですが、困惑はしても困っている人は思ったよりはいなくて、むしろちょっと乗ってあげている大人のキャラクターも多かったなと感じました。結局のところ子供が無邪気に遊んで笑って訳のわからないことをして、そういった部分を懐かしみながらそれを温かく見守っている雰囲気がこの作品の一番いいところだったのかもしれません。BGMとかの曲も雰囲気にあったいいものばかりだったのもポイントが高いですね。気軽に見て笑えて、時に微笑ましいのがいいなと思える作品でした。

 

B「オーバーロードⅡ」

大人気作の2期であり今回もストーリー作画ともにレベルが高かったです。今回は群像劇のような形でそれぞれのキャラクターにスポットが当たり活躍していました。しかし話の内容は上手くまとまっていたのですが、ちょっと主人公の出番が少な過ぎて盛り上がる場面が弱くなっていたかなといった印象だったのでこの評価に落ち着きました。ただもう3期が決定しているらしく恐らくそちらが本番だと思うので夏を楽しみにしたいですね。

 

C「だがしかし」「たくのみ」

ニコ生で2つセットで放送されていたので感想もセットです。正直感想が特に何かあるわけではありませんが楽に何も考えず見れる枠なのでこういうアニメは1シーズンに1つあると安心しますね。

 

D「ポプテピピック

よくわかんなかった

 

 S宇宙よりも遠い場所

f:id:ryuoosbame:20180403150435j:plain

 圧巻のクオリティ。女子高生たちがそれぞれの目的のために南極を目指す物語で、歴代のアニメでもトップクラスの話の完成度だったと思います。

最初の印象はあまり見ない設定のお話だったので、しっかりストーリーを作り込めばそれだけでオリジナリティを持った、他と競合しない価値のあるアニメになるのかなぁぐらいに期待していましたが、実際にその期待通りのオリジナリティを発揮し、ストーリーの作りこみに関しては想像をはるかに上回る面白さで驚きました。南極を目指すうえで周りから変わった目で見られたりズレが生じるところなど、実際に起こりそうな問題をリアルに感じさせ、出発してからも様々なトラブルや困難に合いますが、この作品ではこういった問題で個々のキャラの繋がりが大事になってくることが多かった印象で、友達のことを思い、ストレートに感情をぶつけていくところに中々胸を熱くするものがありました。ちょっと変わった青春ではありますがここにしかない友情を感じられたのも非常にいい点だったと思います。

南極を目指すというぶっ飛んだ目的を持つ人達なので、キャラクターの勢いがつ強く、別にギャグ系のお話では無いのですがキャラクター同士の掛け合いが面白いのでかなり笑わせられました。中々コメディ要素もハイレベルだったので、色々と問題は起きてもそんなに暗くなり過ぎることがないのもこの作品の凄いところでした。そして南極への意気込みを語るシーンや、南極にたどり着いたシーンでもそのキャラクターの持つ勢いが感情を揺さぶり作品そのものを勢いづかせていたのがよかったですね。

 原作の無いアニメオリジナル作品であり話の構成が完璧に纏まっていたので、ストーリー後半はこれ以上ないくらいに完成されて最高のクライマックスを迎えたのではないかと感じました。是非色んな人に見てほしい素晴らしい作品に出合えたと思っています。

Sゆるキャン△

f:id:ryuoosbame:20180403150523j:plain

日常系最強格の作品。今期は久しぶりにいい感じの日常枠がきてスロスタや三ツ星カラーズも面白かったのですがゆるキャンが全部持って行きましたね(笑)。日常系アニメが本当に豊作なシーズンでした。

女子高生がご当地グルメや野外調理を楽しみながらキャンプを満喫するお話で、実際のキャンプシーンでの背景の作画やBGMのゆるい感じが実際にキャンプに行ったらこんな感じなんだろうなぁと伝わるとてもいい雰囲気を醸し出していました。(今期は作品にあった雰囲気を作れるアニメ多く全部レベルが高かったですね)そしてこの作品は飯テロの要素もかなり強く、寒い中で鍋などあったかいものを食べるシーンは先程書いた通りキャンプの雰囲気を伝えるのが上手いので、この寒い中でこれ食べたら絶対美味しいだろうなと容易に想像を促されたのもこの作品の強みでした。

タイトルの通り「ゆるさ」というものがこのアニメの大きな武器だったと思いますが、他の日常系アニメと比べて変わっていると感じたのが、各々のキャラクターが好きにキャンプに行ったり準備して自由に行動していたのがいい意味でゆるかったです。誰に強制されるでもなくそれぞれのやり方でそれぞれの楽しみ方を追求しているのが伝わってきて、当然別々に行動するだけでなくキャンプ用具を取り扱うお店に皆で買い物に行ったり準備の段階でわいわい楽しんでいるところも良かったので、一緒に楽しむ時は一緒に楽しむと本当に自由ないい日常を見て癒されました。

まだまだこのキャラクター達の掛け合いを見ていたいと強く思える良さだったので、原作なんかも購入して近い距離に置いておきたい作品でした。

 

全体の感想

今期は特に日常系の作品が強くて癒しが豊富でしたね。よりもいのようなストーリー性が完璧な作品もあり今期は本当にレベルが高かったと思います。ちょっと思ったのが曲が印象的な作品が多く、よりもいの挿入歌は感動的な雰囲気と熱いものを盛り立ててくれる良い曲で作品にかかせないものになっていました。ゆるキャンはキャンプの穏やかでのんびりした雰囲気を、三ツ星は無邪気で楽し気な雰囲気を作るBGMでしたね。

せっかくこんな良い作品たちに出会えたので色々とお金を使いたいのですが、多すぎて中々大変ですね(笑)最後に報告すると取りあえず高木さんのミニアルバムは購入したので今期アニメの余韻を楽しんでいきたいと思います。

f:id:ryuoosbame:20180407142126j:image